親が注意することを学ぼう

子供をむやみに叱るのは控えよう

激しく怒らないようにする

怒ると、子供は次第に勉強に対するモチベーションが下がってしまいます。
勉強を好きになってもらうことが目的なので、幼児教育をしている時はむやみに起こらないでください。
子供が間違ったり、失敗したりすることがあると思います。
その際は、原因を考えさせましょう。
何が原因でこのような結果になったのか考えることで、同じような失敗をしなくなります。

子供が1人で悩んでいた場合は、親も一緒に考えると良いですね。
1人で考えるより、誰かと一緒に考えた方が楽しいので、勉強がはかどると思います。
失敗することは、悪いことではありません。
子供を叱らないで、一緒に原因を考えましょう。
すると、子供は勉強することが好きになるはずです。

勉強の強制はさせないこと

無理やり勉強させることは、絶対にしないでください。
嫌だと思いながら勉強しても、子供は好きになってくれません。
興味のあることだったら、大人が強制的にさせなくても勉強に取り組んでくれます。
子供のうちは、興味のあることから学ばせてください。
すると勉強は楽しいと、認識してくれます。
学ぶことになれてきたら、今度は苦手なジャンルにも取り組ませてください。

いきなり苦手なジャンルに挑戦すると、子供はやりたくなくなってしまいます。
子供のころに勉強を強要すると、大きくなってから勉強しなくなってしまう可能性があります。
勉強させる習慣をつけるため、得意なことを自主的に学ばせてください。
それが、幼児教育のポイントです。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ